前へ
次へ

中国語の学習でチャンスを掴む

大学生の第二言語で人気があるのは中国語です。将来、中国語を使って仕事をしたいと考えている学生が多く、学習に熱心なのです。実際、ドイツ語やスペイン語などに比べると遥かに学習者が増えていて、仕事のチャンスを掴みたいという学生の意欲を感じることができるのです。中国と日本というのは経済的な結び付きが強いため、多くの人的な交流がなされています。日本企業は精力的に中国へ参入し、商業活動を行っています。同様に、中国企業も日本を魅力的な市場と見ているため、家電製品や高性能な精密機器などの新規参入が相次いでいます。こうした状況を鑑みると、学生にとって中国語の学習は、将来の選択肢を広めるために役に立ちます。中国語検定で資格を取ることで、就職活動の際の自己アピールに使おうという意欲的な学生も多いのです。実際に、言語が話せることで、仕事の幅は広がります。通訳をかいせずに仕事ができれば、任される仕事も増えるからです。

Page Top